ページ

2017年5月20日土曜日

コーヒーのログ 2017/04/24 樽珈屋 ナイスブレンド 


基本情報
  • 2017/04/24/月曜日/晴れ 
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:ナイスブレンド 
  • 区分:ブレンドコーヒー
  • 値段:¥540/100g
  • レシピ:ブラジル/深煎り25% グァテマラ/深煎り20% マンデリン/深煎り25% コロンビア/中深煎り15% ケニア/深煎り15%
抽出方法
コメント
  • 体調がわるく、咳鼻水痰が全くすっきりしない日々。あまりに運動をしないことが不安になって走ったり泳いだりもしたけれど、呼吸がうまくできないときに運動をしてもダメだね。何もできない。呼吸は大事だなと痛感。普段は空気が吸えることを何にも思わないけれどね。これはまた運動のログにも書こう。
  • コーヒーはナイスブレンドが続いている。嗅覚の状態がよくないので自然と濃い香りと味をチョイスしているのだと思う。
  • 子供のこと。息子は保育園でクッキングをしたらしい。散歩に行って摘んだよもぎでよもぎ団子を作ったそうだ。楽しそうでよかった。娘も月曜日を楽しく終えてきてくれた。よかった。
  • この日は珈琲を淹れた後の写真を撮っていない。淹れた後のフィルターの画像(淹れた後の残りかす画像)を見て楽しむ人は淹れた本人の私くらいかなと思ってやめてみた。しかし性分として何か物足りない(自己満足できない)ものを感じる。何より、私の自己満足を満たすべきログなのでまた載せてもいいかと思う。おしゃれ優先写真を撮りたいというよりは、気張らない普通の生活のログでよいしそれしかできないし、それでしかない。

2017年5月19日金曜日

コーヒーのログ 2017/04/22 樽珈屋 ナイスブレンド



基本情報
  • 2017/04/22/土曜日 
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:ナイスブレンド 
  • 区分:ブレンドコーヒー
  • 値段:¥540/100g
  • レシピ:ブラジル/深煎り25% グァテマラ/深煎り20% マンデリン/深煎り25% コロンビア/中深煎り15% ケニア/深煎り15%
抽出方法
コメント

  • 3時の休憩のコーヒー。土曜日。陽気で注ぎ方が少し散漫に。豆の写真がきれいだなあ。見分けはつかないけれど、それぞれの国のものなのだろう。
  • 午後、家族で公園へ行く。長いケーブルにロープを垂らした滑車のついた遊具がある。それを「ターザン遊び」ができる遊具と私たちは呼んでいる。今日見ると息子が一人でそれをできるようになっていた。もう少し小さい頃はロープにぶら下がり続ける握力が足りなかったり、足の裏でロープを挟むこともできていなかった。それが今日は一人で遊べるようになっていて驚く。それでも心配なので、急に力が抜けて落ちたりしないか、頭を打ったりしないかしっかり見ていたがそんなことはなかった。成長しているんだなと思う。
  • 娘はブランコが好き。兄はやりたいのだが怖がる気持ちもあるのに対して娘はきゃっきゃっと笑って乗り続ける。「おしてーおしてー」と言ってくるのがかわいいのだが、そろそろ足を振って自分で漕ぐことも教えていきたい。子供は本当にそれぞれ違うものを持っているなと感じる。そして考えてみれば、誰でもそうなんだなと思う。

2017年5月18日木曜日

紅茶のログ 2017/04/21 芦屋 uffu アールグレイ リゼッタ



基本情報 
  • 2017/04/21/金曜日/曇り
  • 店名:uffu
  • 商品名:アールグレイ リゼッタ EARL GREY LISETTE
  • 値段:1640円/100g.  缶入り
  • 区分:アールグレイ
抽出方法
  • 100cc:茶葉1.1g
  • 時間:5分
  • 湯量:600cc
  • ポット:磯淵ティーポット(小)
  • 備考:茶葉ぬきとり
コメント
  • 芦屋の紅茶屋uffu(ウーフ)のアールグレイ。リゼッタという名前。カフェリゼッタという東京にある店のためにuffuがブレンドしたものらしい。土産に頂いた。
  • フレバードティーともセンテッドティーとも言うが、香り系の茶はuffuにとどめを刺す。と個人的に思っている。店主(オーナー?ウーフのウフーさん?)の嗅覚を信頼している。

  • 今日使ったティーポットはこんなの。リンクは大(1000-1200cc)だが小(700cc)もある。私の感覚としては二人分いれるなら小、二人以上の人数で飲むなら大を使用する。無論、おかわりすることを念頭に置いている。

コーヒーのログ  2017/04/20/ 樽珈屋 ナイスブレンド



基本情報
  • 2017/04/20/木曜日 
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:ナイスブレンド 
  • 区分:ブレンドコーヒー
  • 値段:¥540/100g
  • レシピ:ブラジル/深煎り25% グァテマラ/深煎り20% マンデリン/深煎り25% コロンビア/中深煎り15% ケニア/深煎り15%
抽出方法
コメント
  • 今朝のコーヒー。一つは妻の。妻や子供たち、みんなが一緒に居られる時間がうれしい。ナイスはナイス。コーヒーはうまいが体調わるい。

2017年5月8日月曜日

コーヒーのログ 2017/04/19 樽珈屋 エチオピア中深煎り


  • 2017/04/19/水曜日
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:エチオピア中深煎り 
  • 区分:ストレートコーヒー
  • 値段:¥600/100g
  • 生産国:エチオピア
  • 地域:コチャレ
  • 名称:イルガチェフ
  • 標高:1,800 - 2,300 m
  • 規格:G1
  • 品種:ティピカ
  • 精製方法:フリーウォッシュド
  • 保管方法:グレインプロ
  • ロースト:中深煎り 
抽出方法

  • 1 cup ≒ 120 ml
  • 4杯だて  
  • ダム(フィルターにできる豆の壁のことを我が家ではそう呼んでいる)がいい感じにできた。湯を1湯目(蒸らし)、2湯目、3湯目と分けて注いだので、フィルターの下の方が結構掘れたと思う。

2017年5月5日金曜日

コーヒーのログ 2017/04/18 樽珈屋 エチオピア中深煎り


  • 2017/04/18/火曜日
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:エチオピア中深煎り 
  • 区分:ストレートコーヒー
  • 値段:¥600/100g
  • 生産国:エチオピア
  • 地域:コチャレ
  • 名称:イルガチェフ
  • 標高:1,800 - 2,300 m
  • 規格:G1
  • 品種:ティピカ
  • 精製方法:フリーウォッシュド
  • 保管方法:グレインプロ
  • ロースト:中深煎り 
抽出方法

2017年5月2日火曜日

スイミングのログ 2017/04/24 村上春樹の本のこと

  • 2017/04/24/月曜日/晴  
  • 合計距離:1500m
  • 内訳:50m×10=500m. 150×5=750m. 50×5=250m. (うちビート板バタ足50mを1回)
  • 時間:1時間30分。
  • ランニングのクロストレーニングというサイトを見つけた。そこで書かれていることによると、ランニングのクロストレーニングとしてスイミングは有効らしい。私はスイミングを続けていきたい運動の第一にしている。もとをただせば、ランニングはスイミングができない日の代わりの有酸素運動といった扱いだったのだが、村上春樹の本を読んでからその比重が高まり始めた。
  • 村上春樹の本からは本当にたくさんのことを教えられた。特に前半部分。35歳になり勝手に人生の折り返しを過ぎたと感じていた私は、村上春樹が自身の生活のリズム(一日を過ごす上での彼の信条)について語っているサイトを何かの拍子に見た(これこれね)。そこで語られている内容に興味を持ち、彼の本を読んだことで35歳を過ぎてからの自分の残りの生き方に見通しをつける『方法』を学んだ気がした。『方法』というとわかりにくいかもしれない。言い換えれば、『生活する上でのルールを習慣とすること』だろうか。また、ことさら『方法』という言葉を使ったのは、今、話題にしている村上春樹の本を読んだところで、残りの人生が急にハッピーになるわけではないと思うからだ(そういう人生の悩みを一瞬で解決する知見や心の持ち方については書かれてはいない)。つまり、生きることの意味とか人生の価値とは何かという思想的な部分でその本から影響を受けたのではなく、むしろ生き方を見るもっと『別の視点がある』ということにその本は気づかせてくれたのだった。それについて、今思いつく言葉で書いてみると、私の残りの人生とは『衰えていく身体を使って私が一日一日積み重ねていく長期的作業』であって、その作業には『ルールを決め、それをリズムにのせ習慣にする』ということが大事な意味を持つのである。それを村上春樹の言葉を借りていえば、「自分自身を習慣の動物にする」ということだろう。そこには自分の心や肉体や人生を機械的に見るというか、物理的なものとして見るという視点があると思う。しかし、「自分自身を習慣の動物にする」ということは、習慣には機械的な反復という面が含まれるが、無味乾燥なものではない。というのも、例えば、村上春樹の場合はランニングがそれなのだが、彼が習慣としていることは反復ということと同時に、『自分自身が納得できることの積み重ね』ではないかと思うからだ。大事なのは自分が納得できることをを一つ一つ文句をいわず積み重ねていくことであって、そこには他人からどう見られるかだとか他人にどう思われるだろうかということは介在しない。また他人と比べることも必要ない。同じようにレースに出ていたとしても、登る山(自分が納得できるライン)が違えば目指すゴールも当然違ってくるのであって、そこにはそれぞれのゴールがあるだけなのだ。そんな風に残りの人生のことを自分の長期的作業と見定め、そこに自分自身で納得できるものを積み重ねていくこと(習慣にすること)、それは比較を必要としない自分にとって価値あるものを時間をかけて築き上げていくということなのだ。そういう可能性が35歳を越えた自分の中に残されていると村上春樹の本:『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで思い直すことができた。それはうれしいことだった。
  • さて長くなったが、村上春樹のこの本についてはまだまだ書きたいこと、文という形で自分の考えをまとめてみたいことがある。しかし、それはまたのじっくり時間をかけてからにしたい。とりあえず今はランニングを継続していることが何よりの読後の感想、つまり、本を読んだということによる著者への僕のリアクションだろう。
  • 付け加えるなら、「ルールを定め、それをリムズやペースに乗せ習慣にすること。つまり、継続するということの人生における意義」みたいなものに目を開かせてくれたということから見れば、このブログを始めたことと村上春樹の文章との出会ったこととは関係がある。とにかく、ネットの海をカチカチとやっていて上記のサイトとそれらを通じて村上春樹の本と出会えたことは、まさに思いがけない幸運だった。
  • スイミングのことに話を戻そう。上記の村上春樹の本を読んだことでランニングに対する心理的な比重は高まったが、今もスイミングを継続したい運動の中心にすることに変わりはない。むしろ、ランニングにはランニングの、スイミングにはスイミングのよさがあることに気がつき始めている。それがどういうことかというと、それぞれの運動が私にもたらす心と身体への影響(影響の与え方)が違うということだ。スイミングは、何よりも『水中』という酸素のない非日常的な空間を体験できるスポーツだ。さらに水中では音が少なくなり、浮力によって重力の感じる割合も減る。そうなってくると、水中では酸素に満ち溢れた大地とは身体の動かし方がまるで変わってくるのだ。何より『息継ぎ』をしなければならない。いくらプールに通っても(といっても多くて週3、4回程度だが)水を上がれば陸上で生活をする人間では、プールへ入るたびに『水に慣れるまでの時間。水の中での所作を思い出す時間』が必要となる。それが私にとって新鮮で心地よい時間だ。そんな風に感じるせいか、タイムとしては遅くなっても、水の中では泳ぎだしてから後半、身体が適度に疲労して余計な力が抜けてからの方が楽に泳げているような気もするので不思議だ。他方、ランニングは酸素いっぱいの大地を蹴りながら黙々と走る感じだ。しかし、黙々といっても、常に息が吸えることはとても安心感がある。そうやって黙々と走っていながら、周囲の音や景色、光の変化などをさーっと五感で感じながら色んなことを考えたり考えなかったりするのがよい。それはちょっとした瞑想状態とでもいえるのかもしれない。そんな時間がたまに訪れる。いずれにせよ、どちらをやるのもまだまだ飽きる気がしない。この辺りのこと(特に周りの景色や音と五感で感じながらもそれをさーっと流している感じ)についても、もう少し文にして考えなければいけない。
  • ただし、そのようにランニングのよさを認めつつも、なぜ私がスイミングを継続したい運動の第一に置いているかというと、それは単純に肉体的なダメージが偏るという理由からだ。というのも、スイミングの方が水の負荷が絶妙で、素人がやっていて故障が少なく全身をむらなく鍛えられそうだと思うからだ。他方、ランニングはいかによいシューズを履いて、いかによいタイツを履いたとしても、何千回何万回と大地(アスファルトならばもっと悪い)に脚を叩きつける行為の繰り返しだからだ。付け加えるなら、道路のそばを走るのは呼吸するのにも空気が悪く交通事故の危険もある。端的にいって、素人がランニングを始めて膝なり腰なりを痛めることはままあるが、素人がスイミングを始めて肩が上がらないほどクロールできる人はあまりいないのではないだろうか。こういう話題は反論、異論がありそうだが、今の所私はそう思っている(それには『同じ所をぐるぐる廻っていてさほど苦痛を感じない』という私の性分もおおいに関係があるだろう)。いずれにせよどのスポーツにも十分な安全確保、安全確認が必要だということは言を俟たない。
  • 冒頭のクロストレーニングのことに話を戻すと、スイミングに比重を置きつつも、ランニングとスイミングの両方をやっている私には上記のサイトやクロストレーニングという考え方は大いに参考になったので、今日のプールは、そのサイトに書かれていたことにおおむね従って泳いでみたというわけだ。

  • 発熱した子供を病院へ連れて行った4/17(月曜日)から徐々に自分の体調が悪くなっている。運動をきちんと続けたいので4/19(水曜日)に医者へ行ったがなかなかすっきりしない。運動のできないことでストレスを感じてしまう。それはよくない。そしてまずは身体を治さないことには始まらない、と自分に言い聞かせている。
  • 次回のドリル:肩を回したクロールのかき方の練習。肩を動かすことを体感するためにバタフライをやってみること。できないことを恥ずかしがらずに。そしてターンの練習も忘れずにやりたい。 

2017年4月24日月曜日

コーヒーのログ 2017/04/17 樽珈屋 ナイスブレンド


  •  2017/04/17/月曜日 
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:ナイスブレンド 
  • 区分:ブレンドコーヒー
  • 値段:¥540/100g
  • レシピ:ブラジル/深煎り25% グァテマラ/深煎り20% マンデリン/深煎り25% コロンビア/中深煎り15% ケニア/深煎り15%
  • 今朝のコーヒー。樽珈屋のナイスブレンド。ひとつは妻の。子供が昨夜から熱を出したので、コーヒーを飲みながら朝から妻とあれこれと算段。本当にコーヒーは生活の一部。
  • 医者に診てもらう。子供の熱、たいしたことなくすんだ。よかった。4月が始まってからの疲れだろうか。ゆっくり休んでほしい。
抽出方法

2017年4月20日木曜日

コーヒーのログ 2017/04/15 樽珈屋 トアーブレンド


  •  2017/04/15/土曜日 
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:トアーブレンド 
  • 区分:ブレンドコーヒー
  • 値段:¥580/100g
  • レシピ:キューバ/浅煎り50%. コロンビア/中煎り20%. ブラジル/中煎り20%. ケニア/中煎り10%. 
  • ロースト:浅・中煎り
  • 妻が淹れてくれた一杯。酸味のきついコーヒーは苦手なのだが樽珈屋の浅煎りはおいしい。酸味がほどよくてうっすら甘みも感じる。基本的には中深煎り・深煎りを好む私に対して、妻は口あたりの軽い浅めのローストが好きなようだ。コーヒーのログを録り始めたので、淹れるときの写真を撮ってくれるよう妻にお願いした。妻は面倒がらずに撮ってくれた。ありがとう。撮ったのを見せながら「挽き目3.5にしてはいいほうかな。私にしては」といっていた。「おいしいよ」と返した。やはり写真に残すのはおもしろい。そして、誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい。豆のチョイスも自分とは違う感覚。同じ豆でも淹れ手が変わると感じも変わる。もちろん樽珈屋の豆がうまいのは言うまでもない。
抽出方法

2017年4月19日水曜日

コーヒーのログ 2017/04/14 樽珈屋 エチオピア中深煎り


  • 2017/04/14/金曜日
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:エチオピア中深煎り 
  • 区分:ストレートコーヒー
  • 値段:¥600/100g
  • 生産国:エチオピア
  • 地域:コチャレ
  • 名称:イルガチェフ
  • 標高:1,800 - 2,300 m
  • 規格:G1
  • 品種:ティピカ
  • 精製方法:フリーウォッシュド
  • 保管方法:グレインプロ
  • ロースト:中深煎り 
  • コーヒーのログを録り始め、写真に残すようになったので、久しぶりに柳宗理のカップを出した。セラミックの背が低くて厚めのもの(ティーカップ)も持っているが、こちらの白磁の方が薄くて軽くて好き。持ち手のない湯のみタイプもある。湯のみタイプの方が見た目はスッキリとしていてきれいなのだが、薄いため熱いものを入れると、正直に言って持てない。湯のみであることにこだわりがなければ取手のあるタイプが断然おすすめ。白磁なので茶渋がついても漂白剤に浸けておけばこすらずに落ちるのもとても楽でよい。ただ少し薄めなので洗った後の扱いには注意が必要。私も今は子供が小さくてややこしいので閉まっていた。またマグカップではないので大量には入らない。写真の量で120mlくらい。手付きのすぐ下くらいまで入れてだいたい120ml.
  • 【4/15-22 10:00-09:59 designshop全商品P+10倍】【熊本産】柳宗理/白磁/手付きカップ[ソーサーは別売り][ 熊本産アイテムのご購入で被災地を応援 ]
  • ソーサーもセットのもの。白磁なので、写真のようにセットのカップを使っているのにカップがソーサーの上で滑る。そこはいまいち。客人に供するときは気をつけないと相手の方にこぼすおそれがある。ただし物としてはきれいな白磁で、チョコレートやマカロンのような小さめのお茶請けを載せるとすごく映える。結論としてソーサーとして使用するより小皿として使用する方が断然よい。久しぶりに出してきて、ソーサーにカップを載せてみたが何回使っても同じことを思うので、私としては間違いのない結論だ。
  • 【4/15-22 10:00-09:59 designshop全商品P+10倍】【熊本産】柳宗理/白磁/手付きカップ用ソーサー[カップは別売り][ 熊本産アイテムのご購入で被災地を応援 ]
  • 10年くらい前に買って使っていたが、私も一つ割ってしまったように記憶している。白磁という素材なので、普通に使用していて割れるようなことはないが粗雑に扱ってはいけない。洗ってから水切りかごの中に入れておいて、その上に何か別の食器を積んでしまうとかが罠だと思う。今時の固い食器にぶつけると負けてしまうだろう。即拭いてしまうこと(という自戒)。
  • 下の画像のものが今日使用した柳宗理の白磁の手つきカップ。紅茶にもコーヒーにも合う。口あたりも薄め。ちょっと丁寧に食器を扱える環境ならおすすめ。幼児には持たせられない。いつか妻の分も買ってペアにしたいと思う。湯のみタイプは熱いものを飲むにはおすすめしない。

  • 下の画像のものが柳宗理のセラミックのティーカップ。飲み口が四角。ぽってりしているので熱いの入れて触ってもOK. 幼児が使っても大丈夫。私としてはそんなに思い入れもないので、仮に子供が割っても気にしないし買い直さない。
抽出方法
Method

  • Drip : Paper
  • Coffee Grinder : Bonmac BM-250N
  • Grind Size : 3.5 
  • Hario V60-03 
  • 1 cup ≒ 120 ml