2017年4月19日水曜日

コーヒーのログ 2017/04/14 樽珈屋 エチオピア中深煎り


  • 2017/04/14/金曜日
  • 店名:樽珈屋
  • 商品名:エチオピア中深煎り 
  • 区分:ストレートコーヒー
  • 値段:¥600/100g
  • 生産国:エチオピア
  • 地域:コチャレ
  • 名称:イルガチェフ
  • 標高:1,800 - 2,300 m
  • 規格:G1
  • 品種:ティピカ
  • 精製方法:フリーウォッシュド
  • 保管方法:グレインプロ
  • ロースト:中深煎り 
  • コーヒーのログを録り始め、写真に残すようになったので、久しぶりに柳宗理のカップを出した。セラミックの背が低くて厚めのもの(ティーカップ)も持っているが、こちらの白磁の方が薄くて軽くて好き。持ち手のない湯のみタイプもある。湯のみタイプの方が見た目はスッキリとしていてきれいなのだが、薄いため熱いものを入れると、正直に言って持てない。湯のみであることにこだわりがなければ取手のあるタイプが断然おすすめ。白磁なので茶渋がついても漂白剤に浸けておけばこすらずに落ちるのもとても楽でよい。ただ少し薄めなので洗った後の扱いには注意が必要。私も今は子供が小さくてややこしいので閉まっていた。またマグカップではないので大量には入らない。写真の量で120mlくらい。手付きのすぐ下くらいまで入れてだいたい120ml.
  • 【4/15-22 10:00-09:59 designshop全商品P+10倍】【熊本産】柳宗理/白磁/手付きカップ[ソーサーは別売り][ 熊本産アイテムのご購入で被災地を応援 ]
  • ソーサーもセットのもの。白磁なので、写真のようにセットのカップを使っているのにカップがソーサーの上で滑る。そこはいまいち。客人に供するときは気をつけないと相手の方にこぼすおそれがある。ただし物としてはきれいな白磁で、チョコレートやマカロンのような小さめのお茶請けを載せるとすごく映える。結論としてソーサーとして使用するより小皿として使用する方が断然よい。久しぶりに出してきて、ソーサーにカップを載せてみたが何回使っても同じことを思うので、私としては間違いのない結論だ。
  • 【4/15-22 10:00-09:59 designshop全商品P+10倍】【熊本産】柳宗理/白磁/手付きカップ用ソーサー[カップは別売り][ 熊本産アイテムのご購入で被災地を応援 ]
  • 10年くらい前に買って使っていたが、私も一つ割ってしまったように記憶している。白磁という素材なので、普通に使用していて割れるようなことはないが粗雑に扱ってはいけない。洗ってから水切りかごの中に入れておいて、その上に何か別の食器を積んでしまうとかが罠だと思う。今時の固い食器にぶつけると負けてしまうだろう。即拭いてしまうこと(という自戒)。
  • 下の画像のものが今日使用した柳宗理の白磁の手つきカップ。紅茶にもコーヒーにも合う。口あたりも薄め。ちょっと丁寧に食器を扱える環境ならおすすめ。幼児には持たせられない。いつか妻の分も買ってペアにしたいと思う。湯のみタイプは熱いものを飲むにはおすすめしない。

  • 下の画像のものが柳宗理のセラミックのティーカップ。飲み口が四角。ぽってりしているので熱いの入れて触ってもOK. 幼児が使っても大丈夫。私としてはそんなに思い入れもないので、仮に子供が割っても気にしないし買い直さない。
抽出方法
Method

  • Drip : Paper
  • Coffee Grinder : Bonmac BM-250N
  • Grind Size : 3.5 
  • Hario V60-03 
  • 1 cup ≒ 120 ml

0 件のコメント:

コメントを投稿